勉強するときに集中力を保つ方法

仕事をしている私は、毎日時間に追われて育児をしています。「早くして~」と娘に思うことはありますが、今のところ、子育てに体罰は使っていません。

ただ、娘に反省をしてほしい時、電気を消して暗くした部屋に一人きりで残すことがあるんです。娘は「えーん、ごめんなさい」となります。でも、最近、国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が、体罰をなくすために開発した子育てプログラム「ポジティブ・ディシプリン」を受けてみて、「この方法では、人との間にある問題を恐怖で解決する手段を娘に教えてしまっている」と気づきました。

私が育った時代は、体罰が身近でした。剣道の先生も手をあげていたし、親から「体罰かな?」と思うくらい激しく叱られた経験もあるんです。とはいえ、親を尊敬しているし、大好き。だからこそ、「育児で余裕がなくなった時、絶対体罰はしない、とはいえないかもしれない……」という気持ちもあります。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn