分かる楽しむ

知りたい!分かる!Dominic Q&A,保険や暮らしにまつわる知識や情報を紹介します。

保険をもっと分かる!もっと楽しむ!

保険をもっと分かる!

シンガポールに在住していてかつ日本で海外転居届を提出していれば保険に加入することができます。加入時にビザの有効期限が6ヶ月以上あることを確認してくださいね。
メリットは2点あります。 ①魅力的な契約者配当金付きの商品に貯金することができる ②シンガポールドルで積み立てを行うため,分散投資ができる
相談も見積りも無料です。もちろん,相談したからといって必ず保険に入らないといけないということはないので,お気軽にご連絡ください。
SDIC(Singapore Deposit Insurance Corporation)によって保障されます。
払込期間中で帰国となった場合,シンガポールに銀行口座を残して口座引き落としで支払ったり,残りの保険料を一括で支払うこともできます。日本に帰国する場合でも,保険料の払込ができていれば,契約は継続されます。 シンガポールを離れる時のことを考えて,支払期間を短めに設定する方が多いです。
ご契約いただいている保険商品により死亡保障額は異なりますが,払込総額に応じて 死亡保障金額をお支払いいたします。ただし,学資保険の場合は契約者と被保険者が異なるため,被保険者は(死亡保障の対象者)子どもとなります。一般的にはPayer Benefit Riderを付帯いただくことによって,契約者死亡時には保険料支払いが免除されます。
ご契約いただいているお客様のお手元に年間レポートが届きます。併せてご契約者様専用ページにて個人の資産状況をご確認いただけます。
シンガポールまで来ていただく必要はありません。現在の制度では一般的に小切手ですが,銀行送金でも対応が可能です。もしかすると,将来はもっと便利な受取手段が出てくる可能性もありますね。
保険商品により異なりますが,日本国外にお住まいの方であればご加入頂くことが可能です。一度ご相談ください。
ばれないという保証はできかねますが,保険への加入・書類送付先の工夫は可能ですのでご相談ください。
返戻率とは,支払った保険料総額に対して,将来に受け取る金額の割合のことを指します。例えば,100万円を支払って110万円を受け取れば返戻率は110%です。
予定利率とは、保険会社が運用するときにご契約者様に対して予測・提示する利率のことで,保険会社が保険契約時に決めています。保険会社は、ご契約者様から受け取った保険料をどれくらいの運用利回りで運用できるのかを予測して,保険料を設定しています。一般的に,予定利率が高ければ保険料は安くなり,ご契約者様にとって条件のよい商品です。